検品について

検品内容

  • 注文内容の照合(商品番号、サイズ、色、数量等)
  • あからさまな商品の破損

商品の破損があった場合には販売元との返品・交換手続きを無料で行わせて頂きます。

なお、商品の取り扱いには最善の注意を払うよう努力致しますが、検品・交換サービスを行ったとしても輸送中のトラブル、事故による破損、欠品につきましては責任を負いかねます。

予めご了承頂きますようお願い申し上げます。

検品の対象とならないもの

  • 中古商品の傷
  • 商品パッケージのつぶれ、破れ
  • パッケージの開封
  • 靴、靴下、手袋なお左右別々の商品の確認
  • 専門知識が必要な商品を複数で購入になった場合(自転車、特殊工具、精密機械、車のパーツなど)
  • CD、DVD、VHS、Blu-Ray、ゲームソフト、コンピュータソフトなど実機再生が必要なもの
  • ブランド商品などの真贋の判断
  • 電化製品の動作確認
  • 個人輸入が可能かどうかの判断(輸入禁止商品については別途記載)
  • その他専門知識が必要な商品や複雑な商品

※セットになっているものは1セットとして検品します