輸入禁止・危険品貨物

輸入禁止商品について

以下のものについては、関税法でその輸入が禁止されています(関税法第69条の11)。
これらの禁止されているものを輸入した場合には、関税法等で処罰(関税法の罰条)されることとなります。

  1. 麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚せい剤、あへん吸煙具
  2. 指定薬物(医療等の用途に供するために輸入するものを除く。)
  3. けん銃、小銃、機関銃、砲、これらの銃砲弾及びけん銃部品
  4. 爆発物
  5. 火薬類
  6. 化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律第2条第3項に規定する特定物質
  7. 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第6条第20項に規定する一種病原体等及び同条第21項に規定する二種病原体等
  8. 貨幣、紙幣、銀行券、印紙、郵便切手又は有価証券の偽造品、変造品、模造品及び偽造カード(生カードを含む)
  9. 公安又は風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物その他の物品
  10. 児童ポルノ
  11. 特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権、回路配置利用権又は育成者権を侵害する物品
  12. 不正競争防止法第2条第1項第1号から第3号まで又は第10号から第12号までに掲げる行為を組成する物品

上記のほかに医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律、植物防疫法、家畜伝染病予防法などにおいても輸入が禁止されているものがあります。
また、違法ではないと称して販売されているハーブやアロマオイル、バスソルトなどの商品の中には、「麻薬」や「指定薬物」にあたり、輸入が禁止されているものがありますので、ご注意ください。

危険品貨物について

危険品貨物には、一般的に爆薬、花火などの火薬類、喫煙用ライターなど高圧ガス、硫酸、塩酸などの腐食性液体、石油、ベンジンなど引火性液体、硫黄など可燃性固体、殺虫剤など毒物、放射性物質、酸化性物質、その他の有害物質が含まれます。
また、航空機の計器を狂わす磁性物質も航空機への搭載が制限されています。
危険品に準ずる品目として取り扱われるものとしては、エアゾール、バッテリー、殺虫剤、ドライアイスなどがあり、梱包、重量規制、ラベリングに十分な注意が必要です。
危険品であっても適切な梱包がされていれば、受諾される品目もあり、また旅客機には搭載禁止でも貨物専用機では可能なものもあります。
危険品目の具体的詳細は、IATA危険物規則書( IATA Dangerous Goods Regulations )に分類されており、規定されているすべての要件を満たさないと搭載できません。
荷送人は危険物申告書(Shipper’s Declaration for Dangerous Goods)に署名し、貨物とともに航空会社に提出します。
また荷送人はIATA危険物規則書に従って、表示、梱包、マーキングをして適切な危険物ラベルを貼る必要があります。
なお、危険物の運送には、危険物貨物取扱手数料(Dangerous Goods Handling Fee)が加算されます。
仕向け国別、梱包、航空運送状毎に金額は異なります。

詳しくはお問い合わせください。

関係機関
The International Air Transport Association(国際航空運送協会)
一般社団法人航空貨物運送協会
独立行政法人 製品評価技術基盤機構
関係法令
国連: 国際民間航空機関危険物輸送規則(ICAO)
日本:「航空法」
国土交通省:特定航空貨物利用運送事業者、特定航空運送代理店業者 認定事業者について